YUCACOシステムブログ

YUCACOシステムの後悔

2021.12.14

 YUCACOシステムのお客様からのご報告です。

 某日、お客様の友人が突然訪ねてこられたとのこと。

「ピンポーン」

『あら、今日は何ごつね』

「いやー、立派な家が出来ちょるが、ちょっと見せてよ」

とのこと。それではと、玄関を開けて友人を招き入れたところ。

「ワー、まったく違うわ!!」

『何がね?』

「入った瞬間ぬきーが!!」

『あっ、それはYUCACOシステムじゃかいよ!』

その友人、玄関からすぐ退散されたとのこと。

実は、某社の全館空調で新築されたばかりのお友達だったのでした。

 YUCACOシステムは年中家中快適温湿度を実現致します。

 お客様は友人の方に深く同情しつつも、自らの判断である「YUCACOシステム」にはご満足のようでした。

http://yucacosystem.co.jp/

YUCACOシステム失敗事例

2021.12.11

夏場の避暑は北海道と決めていたのに?

 毎年、兄弟ご夫婦で夏のお盆に涼しい北海道旅行を楽しまれていたご夫婦からの報告です。

 その年も楽しかった北海道旅行から宮崎に引揚げようと札幌空港に向かわれたのですが、大型台風が南九州に停滞しており、フライト断念。翌日はようやく台風も去り宮崎も晴天ということで搭乗が叶いました。

 帰宅した一組のご夫婦はYUCACOシステムの家を新築されていました。そのご夫婦は、ようやく、夕方自宅に着かれ、ドアを開いて入室されたのですが、一歩足を踏み入れた瞬間、台風明けの外気温33℃、湿度80%の空気が、室温25℃湿度50%の快適空間に早や変わり。

「お母さん、来年は北海道はもういいよね」

「ホント!」

ということでした。

 翌日のこと、弟さんからTELあり。

「やー、家中がカビだらけだった。お前のところはどうだ?」

「いいやー、それは大変だね、我が家はYUCACOシステムなので…」

と言いかけて心優しい兄上は

「うちも大変だ」と思いやりの嘘をついてしまったとのご報告がありました。

 教訓、YUCACOシステムのある家にお住まいの方は、夏場は特別な避暑地に行かれなくても快適にお過ごし頂けるということ。

YUCACOシステム ダメダメ事例

2021.12.07

5月の薫風を入れる為、エアコンを切って、窓を全開にした。

さわやかな五月晴、室内に風をいっぱいに入れて過ごした。

 一日、窓を全開にしていたお客様から連絡がありました。お客様の家は床が濃いオーク調で、ほぼ黒に近かったのですが、翌日床の表面に白い埃が一面にかぶってしまっていました。

◎YUCACOシステムは室内の空気を1時間で1/2以上換気しています。しかも室内の温度湿度をコントロールしています。だから、窓を開けなくても快適です。

防犯上はお出かけ時に玄関をしっかり戸締りすれば終わりです。

自動換気されているので開けなくても快適さは100点。温度25℃、湿度50%をコントロール目標に出来ます。(とは言え、窓を開けて利用してもかまいません)

エアコンはいれっぱなしの方が良いのでしょうか。

◎建物の高い断熱性能を利用して冬場は日中、エアコンを止めて、日射を窓から室内に取り込み太陽熱で暖房をします。室内空気はDCファンで循環させ全室を暖めます。夕方帰宅後はエアコンをスイッチONです。

◎夏場はエアコンは冷房優先でお好みの室温にコントロールします。

◎中間期の過ごしやすい季節はエアコンはストップして換気と、空気循環を絶やさないようにして下さい。

節電とパッシブ(自然力)利用は、YUCACOシステムを更に経済的にします。

YUCACOシステム残念な事実

2021.12.04

 高断熱高気密住宅をベースにYUCACOシステムは効果を発揮します。

年中家中快適温湿度なのですが、使用される樹脂性トリプルサッシである為高い遮音性能があります。その為、室内でセコムの非常ベルが鳴っても室外に小さく聞こえるだけとなってしまいます。

 外の人に助けを呼ぶ時は窓を開ける必要があるのです。

 YUCACOシステムの家では、遮音性能の高さから、カラオケやピアノ等の音楽を楽しむことができます。

 但し、秋の虫の音色を楽しむには窓を開けて耳を外に向けなければなりません。

春のウグイス 「ホーホケキョ」

夏の日暮らしの声

風の音、雨の音、聞こえません。

 冬の鍋物、夏の冷や汁、こうした季節感に感動しなくなってしまいます。

 そうめんなど夏の風物詩なのですが、気が付けば、めっきり回数が減ってしまいます。思い切って外のデッキでキャンプ感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 回覧板など、とにかく訪問者を出迎える時、半ズボン、Tシャツの軽装で在宅していることが多く、身仕舞をあわてて正してから扉を開ける手間がかかる。

 

 更に、冬場にお隣まで回覧板をお届けする場合、確実に冬支度に着替えて出かけなければ風邪をひくおそれあり。

 春の花粉症のひどい時期は、YUCACOシステムの家は、外気浄化の空気を24時間換気しており、病状が出なくなります。

 しかし、外に出ると目いっぱい花粉がある為、外出することが億劫になります。家族中花粉症の方が全員お天気の良い日曜日。在宅となることもあるようです。

YUCACOシステムのデメリット

2021.11.30

①羽毛布団の利用機会がなくなり、高価な投資を悔いてしまう。

Because

 年中家中快適温湿度を実現するYUCACOシステムの住まいでは、寝具は1年中、夏物の軽い掛け布団程度でOKです。

②子どもの教育に気をつける必要があります。

他所(よそ)の家に行った折に、

「何故寒いのか?」

「寒いから帰ろう」

「何故暑いのか?」

「暑いから帰ろう」

(などとストレートな感想を言わないように教育すべし)

Because

 年中家中快適温湿度を実現するYUCACOシステムの家で育った子ども達の常識は、「家の中はどこでも快適」なので、他の家との違いを教え、決して「寒いから帰ろう」などと言わないようにしておかねばなりません。

③外出時には、当日の気温を天気予報でチェックして、その日の衣類を選択する必要があります。

Because

 年中家中快適温湿度を実現するYUCACOシステムでは、室外の寒さ、暑さがわかりません。天気予報で外出時の装いをチェックしましょう。

④誰でも家に呼ばないようにしましょう。夏は涼しくて人のたまり場に、冬も温かくて人が集まります。

Because

 年中家中快適温湿度を実現するYUCACOシステムでは当たり前。他の人には悔しい、口惜しい性能です。用心用心。

⑤1年間のエアコンの電気代が3万円以下であること、自慢げに他人に話さないこと。

Because

 他人の幸せは、反感を買いやすいことにも注意しましょう。

単身高齢者の借家契約難

2021.12.19

合人口の29%が65歳以上  世界最高

※2020.2021年は9月15日、そのほかは10月1日現在

高齢者は2人世帯がいずれ単身者になる。私の知る山口県の下関はかつて造船で大いに栄えた所で、平地の少ない場所に山の上まで人家が密集している。高齢になると坂道が大変だ。

 若者は都会に出て行き、残る家には高齢者が生活することになるが、いつの間にか単身高齢者、ほぼ確実に「女性」だけが住んでいる。

「この辺りでは男は俺ぐらいだよ」とは私の兄から聞いた話。

 持ち家の人も、健康上や認知症などの関係で、平坦な借家に引っ越そうと、借家捜しを始めるとこれがなかなか見つからない。

 「一人暮らしの方に何かあったら困るのは私達です」と不動産屋も家主も一緒に謝絶する。

 借家が見つかっても、家賃負担は年金暮らしに重い。介護保険料も天引きされて、生活は個人差はあるがそれ程余裕のあるものではない。医療費を考えておかなければならない。

 住宅ローンが充実している昨今は若い人が、住宅ローン減税などを背景に早くから持家を取得される傾向が顕著となっている。老後に向けてどのようなことに気を付けて家づくりをしてゆけば良いか、参考までにヒントとなりそうな事をあげてみると、

①バリアフリーの家づくり

②高断熱で省エネ住宅機器を利用する、省エネ住宅とし経済損失を防ぐ。〈YUCACOシステム〉

③健康的な生活のできる、温湿度のコントロールと空気が正常な住空間を可能とする家づくり。〈YUCACOシステム〉

④長期耐久性、耐震性、耐火性に優れた家づくり。

後でお金が出てゆかない基本性能の高い資材で家づくりを行う。

⑤地域コミュニティ、子育てや社会参加による孤立しない人間関係を育てておく。

⑥一定の継続30年後住居者が周囲に存在し得る集落に住まう。

家庭の省エネと創エネの未来

2021.11.26

 省エネ効果は、家造りの断熱性能の向上で劇的に成果が上がる。加えて省エネ家電の組合せで更に成果は上がる。

 ベルスの最高ランクは次世代省エネレベルだが、星5つの時、従来の平均値より20%の削減となっている。

 現実には、窓をトリプルサッシに変更したりして、断熱レベルを、G1より上のG2を超えたG3との間ぐらいまでの断熱にすると、ベルスの判定で70%の削減という値が出ます。これまでと比べて、30%のエネルギーで暮せる家ということになります。星5つの3倍以上省エネとなります。

 この時、一定の太陽光発電の利用も算定基礎になっています。

 先のような家づくりが一般的になると九州電力はバックアップ電源と位置づけられます。加えて蓄電池が一般的になると、益々九電の利用率が減少してしまいます。

 蓄電池の値段次第では、九州電力を必要としない家づくりが一般的となってしまうようです。大学の先生の中には将来電気は買わないで「作って」「使う」時代が来ると言われる方もおられます。

 今、住宅用蓄電池を買うと、定価表示で300万円400万円の世界です。現実にはkw 15万円程度まで安くはなっていますが、一日に使用する家庭の電気料を15kwhとすると、225万円の投資が必要となります。

 大量に大容量の自動車用蓄電池が世に出る時代には、中古バッテリーの再利用やリサイクルが産業化しそうです。安く蓄電池が利用できそうです。

 「2035年」にはヨーロッパは全て電気自動車にするとのこと。この当りでしょうか。

中古マンション売却の不安

2021.11.22

 大量供給される中古マンションは投資目的の場合10年程度の賃料収入を得てから売却すると、購入費用から再販価格との差額がそれ程でもないことで、運用利益が見込まれるようだ。

 10年程度なので、住宅設備や建物内装の劣化も少なく、クリーニング程度で再販を行える。

 一方20年超の中古マンションでは住宅設備機器の更新費用、及び再販に向けての美装工事等を行なわなければならない。

 2025年には築年数25年以上の中古マンションが市場の50%を超えると、(公財)東日本不動産流通機構が予想する。市場の半分以上が中古マンションになるとも言える。

 中古マンション市場の値下がりが始まることで、マンション全体の大規模修繕費用などに対応する費用負担の増大など今まで経験したことのないマンション価格デフレが進行するのではないでしょうか。

 マンションの中古価格値下がりが顕著になるころには、地方のマンションはダブつく在庫に一層の値下がりが生じそうである。

 もちろん人口減少が一番の問題であるが宮崎県が、県都宮崎だけに人口が集中して存在することが出来るでしょうか。

 自家消費の農産物に消費税は負担義務がないと言えます。家庭菜園+αで市場競争力のある農産品を生産でき、不足する労力やノウハウを一定の機関や組織が支援すれば農業はサラリーマン家庭に+αの収入をもたらすサイドビジネスになります。

 老後に備えて住まいと食料自給が可能であれば予余の暮しが出来るのではないでしょうか。

 住み易いとなれば若い人達も、地方の田舎暮しを選択してくれるような気がする。電気は太陽光で自給自足に。

 老朽マンションを維持するための大規模修繕費用の負担を気にすることなく、住み続けることの出来る一戸建て、魅力的だと思われませんか。

吹き抜きの窓

2021.11.18

 住宅展示場への来場者の方に、あの「吹き抜き部分」の掃除はどうすればいいのですかとのお問い合わせがあります。

回答を用意しておかなければ頼りにならない建築屋だと思われてしまいます。

模範回答

①この頃高い所用の『天井ハイクリーナーSV-1303』(富士パックス販売)があります。

②『ガラスワイパージャンボ(アズマ工業)』があります。

最大4.6mまで伸ばせる窓掃除に特化したワイパーです。

③『折り畳み式脚立XB-5段式』(ダイシン商業)

別解

①プロに依頼されたほうがいいですよ

参考回答

①気付かれましたか?!

昔から「永遠のテーマ」と言われていました。

対策としては、便利な掃除道具が開発されており、実際のお掃除手順まで解説されていますが、少しだけ、努力する必要がありそうです。

②キャットウォークと云う、吹き抜きの窓際に、お掃除用の室内側バルコニーを付けておかれ、窓も内倒しにされておくと、内も外もお掃除出来ます。

動画でわかるYUCACOシステム

2021.11.01

【 コロナ禍での隔離部屋 】

【 テレワークとYUCACOシステム 】

【 いつでもどこでも快適な環境 】

【 我が家はYUCACOシステム 】

【 説明編 】