Tag Archives: 車イス

車社会と車イスの利便は?

2021.09.30

雨の日のお出かけ、帰宅時の車イスの方は介助者も含めて傘の利用が困難となる。玄関に庇があると便利だ。

ポイントを列記してみましょう。

  • 車の乗り入れ

玄関から車を乗り入れる時に、玄関に車を横付け又は車の最後部に

車イス積載の2つのタイプが予想される。

後者は積載部が直角に停止できるように配置することとなる。よって利用する車の積載部が車イスの右か左か後部にあるかを注意する必要があります。

  • 防犯や交通事故に注意!!

道路から車を敷地に乗り入れるため、玄関部分はオープンとなります。

前面道路の交通量が多い時には、幼い子供の交通安全対策に注意が必要となります。加えて防犯上も注意しましょう。

庇のポイント

〈車イスから濡れない出入りの為のスペース〉

庇は大きいほど便利ですが費用負担も大きくなります。

建物と一体の庇で車と車イス及び車からの出入の人物まで雨に濡れないようにするには、ゆとりを考えると6m×7m程のスペースが必要なります。建物の構造で一体の庇ではなく、外構工事のカーポートで代用する方法がコストは少なくて済みます。

車イス生活における注意点

2021.09.27

JIS規格で決まっており、手動の車イスは630㎜以下、電動車イスは700㎜以下です。廊下やドアの幅はこの値を基準に設計する事になります。

車イスの動きに余裕が必要ですので、800㎜~900㎜程度の幅を余裕幅として取っておく必要があります。

 廊下など部屋内の実寸を内法、有効な幅と言います。家づくりの基準となる寸法にmモジュール、1820㎜モジュールなどが代表的なものですが、一般的には1820㎜モジュールが多く採用されています。

この場合内法は1820÷2−100=800 程度となります。

 理想はメーターモジュールで、こちらだと内法は2000÷2−100=900となります。

車イスは一般的に800㎜や900㎜の幅の廊下は直角に曲がれません。

更に車イスに乗られた方の姿勢によっては車イスの全長と同じ廊下幅がなければ直角に曲がれません。